街の中に森を作る?屋上緑化の目的と管理方法を学ぼう!

都市部での屋上緑化が推される理由

屋上緑化は建物の屋上部分に樹木や芝生を植えて緑化する行為を指します。屋上部分に植物や土壌の重みがかかるので建物への負担が大きくなる他、植物の育成管理にも気を配る必要があるのでメンテナンスに手間がかかるのが普通です。建物の所有者には金銭面の負担が大きい屋上緑化ですが、植物の葉や蔦には遮光性があるので建物の室温が急激に上がるのを防ぐ効果があります。また、二酸化炭素を吸収する作用もあるのでヒートアイランド現象の抑制にも繋がるのが屋上緑化の利点です。植物の緑色は精神の緊張をほぐす効果があるとされていることも都市部での屋上緑化が推される理由の一つです。コンクリートや鉄骨が多い都市部の環境改善の方法として、屋上緑化は様々な地域で広く普及しています。

屋上緑化の安全管理の注意点

屋上緑化は建物の屋上部分に土を敷き詰め、環境に適した品種の植物を植えるのが一般的です。遮光性と見栄えの良さを保つために、背丈の低い広葉樹を植えるのが普通になっていますが、広葉樹の多くは秋になると落葉するので周囲が汚れるデメリットがあります。また、病気や害虫の影響で枝が枯れて落下する危険もあることから、周囲の清掃や樹木のメンテナンスには細心の注意を払うことが大切です。屋上緑化は植物の緑を維持する必要があるのでこまめな水やりが不可欠ですが、水を吸った土壌はとても重たくなるので建物に大きな負担がかかります。建物の損壊を招く可能性があることから、屋上緑化を施す際は耐久性を確認したうえで適度な補強を施すのが安全を確保するための条件になります。

屋上緑化は建物の断熱と景観を目的として用いられる日除け対策です。メンテナンスも維持も楽なので近年は増加傾向にあります。

Releated Post