普通の腕時計とは違う?機械式時計(メカニカルウォッチ)の特徴をご紹介

昔ながらの伝統的なゼンマイ時計

昔ながらの腕時計といえば機械式時計(メカニカルウォッチ)です。ゼンマイを巻き上げて動力を供給するクラシカルなスタイルで、職人によって一つ一つ手作りされている高級時計です。

ゼンマイを巻き上げるのって手間になりそう...なんて疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、腕を振る動きと連動して巻き上がるモデルもあったりと、機能性の面でも優れたモデルも増えてきています。実のところ、人気ブランドのほとんどが機械式時計を取り扱っているんです。各ブランドがオーダーメイドで注文している機械式時計は、昔ながらの伝統工芸品としての価値もあるため、ステータスシンボルとして活用されるシーンも少なくなかったりします。高品質なファッション性はさることながら、それ以上の価値を秘めているのが機械式時計の魅力ですね。

お手入れがちょっと大変な機械式時計

おシャレで高品質の機械式時計。そのお手入れ、実はちょっぴり大変だったりします。

一般的なクォーツ式時計は、内部の電池に動力を蓄えることで動いています。何か問題が発生した時は「電池交換」で修理しますが、かかっても数千円程度で済むもの。一方、機械式時計はというと「分解掃除」が必要なんです。時計をいったんバラバラにして部品ひとつひとつをメンテナンス、ついでに不具合のある部品があれば交換と、とてもコストのかかるお手入れなんです。消耗具合やメーカーによって費用は変わってきますが、高い時は10万ほどかかる印象です。機械式時計自体の価格が高いことに加えて、維持費もそれなりにかかってくるんですね。でも、こういったメンテナンスを積み重ねてだんだん愛着が湧いてくるのも、一つの醍醐味かもしれません。

ウブロは世界的に有名なブランドで、時計を選ぶ時は好みに合わせて愛着を持てるように決めると満足できます。

Releated Post