機械式時計とは?その魅力とともに紹介します!

そもそも機械式時計の違いは?

時計とひとくくりに言っても、その種類は様々です。現在、一般に多く普及しているのは「クオーツ式」と呼ばれているもので、この時計は中に「クオーツ(水晶)」を持っており、このクオーツに電気を流しその振動を利用して時間を刻んでいきます。その特徴は、とにかく誤差が少ないことにあります。しかし、そのクオーツが誕生する前は今回紹介する「機械式」という方式で時を刻んでいました。この機構は、主にゼンマイと歯車によって動いています。この方式に電気は必要なく、ゼンマイを巻けばその動力が歯車に伝わり針が動くので他の動力を必要としない、まさに独立機構を持っている時計です。

では機械式時計の魅力とは?

ではその魅力とは何でしょうか?まず、先ほど紹介したように機械式はそれ自体に動力源を持っているため独立した機構を持っています。そして、その機構に用いられているパーツは大半の場合、職人さんの卓越した技術によって組み立てられています。そして、このことは最大の魅力である「半永久的なメンテナンスが可能である」ということにつながります。電子パーツを使うクオーツ式はその性質上、車と同じようにパーツがなくなってしまえばその後は修理不可能となる可能性をはらんでいます。

しかし、機械式時計の世界にはその主なパーツであるゼンマイと歯車を作る職人さんも存在していますし、高価な分アフターサービスもしっかりとしているのでしっかりとメンテナンスを行えば一生、またはその後の世代にも残すことができるほど長持ちをします。自分の一生を一つの時計とずっとすごし、その生涯の相棒は自分がいなくなっても後の世界で時を刻み続ける、なんてロマンチックじゃないですか?

オーデマピゲは1875年創業のスイスに本拠地を置く腕時計ブランドです。圧倒的な技術力を持っており、世界三大腕時計ブランドの一つに数えられています。

Releated Post