購入前にしっかり理解しておきたい!腕時計の主な種類について

クオーツ式時計は大部分を占めています

日本において腕時計の大部分を占めているのがクオーツ式腕時計になります。これについては電池を活用するスタイルの腕時計で、全体を通して販売価格が安い傾向があります。具体的には、1000円程、あるいはそれ以下で購入することができるものもあります。それに加えて、国際的なブランドの品すらも5000円~1万円程で購入することが出来ます。メリットとしまして、販売価格が安いほか、安価な電池によって長時間動くところです。そして、時間のズレが生じない正確性があります。因みに、3つの針によるアナログタイプがよく見られますが、デジタル画面で数字を示すデジタルクオーツ時計もあります。

高い価格が特徴の機械式腕時計

クオーツ式とは異なる特性を抱えているのが機械式腕時計になります。これは、クオーツ式とは異なって、1000円で購入することができるものでなく一番安くても数万円ほどはしますし、ヨーロッパの高級製造メーカー品では100万円をオーバーする商品もあります。販売価格の高さにより国内では少数派です。電池交換を要しないのはアドバンテージですが、デジタル品ではないことから時間のズレが現れやすいデメリットがあります。機械式腕時計は2つの種類があります。まず第一に自らが一定間隔でゼンマイを巻く手巻き式があります。さらに、時計の中にゼンマイを巻く半円形の重りが一緒になっていて、歩行するなどの作動をすると振り子の基本的な法則により、おのずとゼンマイを巻く自動式時計があります。

ロレックスは、世界的に有名な高級腕時計です。とても高額なため、機械というより高額な貴金属の部類として扱われます。

Releated Post