アナログの方がいい?それともデジタルにする?

アナログは量でとらえるのに適している

腕時計を選ぶとき、大きく分けるとアナログ時計かデジタル時計かになるかもしれません。画面の表示は全く異なります。アナログ時計は時間を示す文字盤があり、針が3本回る仕組みになっています。それぞれが時間、分、秒を示していますが、パッと見て今何時何分何秒かを認識するのは結構難しいです。アナログ時計のいいところとして、正確な時間ではなく大体どれくらいの時間かを知るのに適していると言えるでしょう。常に正確な時間を腕をあげただけで知りたい人には向きません。もちろん仕事などで時間に正確さを求められるときにもあまりよいとは言えません。特に機械式はそれなりに時間がずれるのが当たり前になります。数秒や数分の誤差があっても問題ない時に使えます。

今の時間を瞬間的に把握できるデジタル時計

日本は時間に厳しい国とされています。よく言われるのが鉄道サービスです。もちろん時間単位に運行されていますが、数分の遅れでもきちんとそれを出してくれます。乗り換えなどをする人のために出してくれているのでしょう。日常生活においても分をきちんと把握して生活したい人はいます。そんな人は腕時計はデジタル表示のものを選ぶと良いでしょう。表示画面は数字で時間、分が主に表示されています。秒も表示されているものもありますが、画面を切り替えないとわからないものもあります。まさに今の時間を示してくれているので、何時までにどこかに行かないといけないなどの時には非常に役に立ちます。ただ、時間を量でとらえにくいデメリットがあります。

時計通販のヨシダ

Releated Post