金を売る時の方法や、ベストなタイミングとは?

金を売るタイミングとは?

金を売りたいと考えている人もいるでしょう。金を売るには売り時をしっかりと見極めておくことが重要です。そもそも金は現物資産と言われており、株価や国債、通貨などのように相対的な評価によってその勝ちが維持されているものとは異なり、そのものが希少であるゆえに価値があると定義されているものです。そのもので勝負しているので、一定以上の価値が認められていれば、あまり変動することがなく安定資産であると言えます。しかし需要と供給の関係からその価値が多少上下することはあるのです。では、金の売り時はいつがよいのか?というと一般的には、有価証券や株価が暴落している時、と言われています。世界規模の金融不安が報じられている時などは売り時です。そのような時は金の価格が上がっているということも報道されているので、タイミングを見極める必要があります。

買取方法や、金額の決め方は?

金を売る時には、買取を行っている店舗に持ち込むことになりますが、その際は身分証明書が必要になります。また18歳未満の人は規定により保護者の同伴で来店します。金の買取価格は、当日の地金価格×持ち込み地金重量×0.75×0.7という式によって計算されています。地金の買取をすすめていく場合は、持ち込まれたものが本物であるかどうかを分析する必要があります。その分析の費用や地金の売買手数料が発生し、それらが全体の3割から4割程度になるので、×0.7と最後についているのです。金を売ることを検討している時は、金の買取の専門店で1グラム当たりの価格を比較してから決めるのがよいでしょう。

高値で金買取をしてもらえる時期は、日経平均やニューヨークダウの暴落など、情勢が不安定な時期に需要が高まり高値で買取されることが多いです。

Releated Post