人にも環境にも優しい!壁面緑化の豆知識について

壁面緑化ってどういうもの?

壁面緑化とは、建物の外壁に植物を植えたり這わせたりすることで壁面の緑化を図ることを言います。最近では、都市部を中心にビルの一部を壁面緑化で飾る所も増えてきました。壁面緑化は、人や環境に対して様々なメリットをもたらします。文明の発達によって環境破壊が進んだ現代において、壁面緑化はあらゆる問題を解決する画期的な方法として注目を集めています。

壁面緑化のメリットとは?

壁面緑化を取り入れることで、建物の景観が良くなるというメリットが得られます。また、夏場など気温が上昇する季節には、建物の表面温度を下げる効果も期待できます。同時に建物の壁面も守られるため、構造物を長持ちさせることにも繋がります。植物によって直射日光が当たらず室内の温度も上がりにくくなるため、エアコンの使用を抑えたい人にもおすすめです。最低限の冷房で済むため、省エネ効果も抜群です。その他にも、防音効果といったメリットも確認されています。壁面の植物が光合成を行うことにより、二酸化炭素の削減にも役立ちます。

すぐにできる壁面緑化のためのアイデア

壁面緑化をするためには特別な準備が必要になると思われがちですが、工夫次第で身近にあるもので実現することができます。手軽にできる壁面緑化としておすすめなのが、ゴーヤの栽培です。壁面にネットを張ってゴーヤを育てることで、葉を繁らせることができます。この際の植物は、ゴーヤでなくても構いません。ツル性の植物であれば、ネットいっぱいに葉が広がります。二階以上であっても、プランターを使えば植物を栽培することができます。

地球温暖化が進んでいる要因のひとつにある二酸化炭素の発生を抑える方法のひとつに壁面緑化があります。壁を植物で覆うことで直射日光を避けることでエアコンの使用量を抑え、植物が二酸化炭素を酸素に変換します。

Releated Post